スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『レイジング・ブル』とトム・コリンズ

 


実在のボクサージェイク・ラモッタの半生を描いた物語ですね。
でもこのロバート・デ・ニーロが熱演した1980年の作品を、なぜか見ず仕舞いで、今回初めて見たんです。
 中学・高校の頃から作品の存在は知っていたので、デ・ニーロがアカデミー賞とった作品で、ボクサーを題材したもので、作品の主人公に合わせるために、減量と増量を繰り返して・・・などなど。 だから予備知識は多かったんですけどね。

それなりに凄まじい作品でした。
 『ブラック・ダリア』のときにも書きましたが、ボクシングをテーマにしたものが好きなんですね〜♪
何かとお酒が登場するんですが、印象的なのは、ある会場で、トミーとかいう人物が、他の席で飲んでいたジェイクにお酒をご馳走する場面。
それがトム・コリンズ。かな・・・おそらくですが。。。 白黒のトム・コリンズがかえって鮮やか。美しいものです。 さわやかで、乾杯にはとてもいい感じのカクテルですね。

『プロデューサーズ』と赤ワイン

JUGEMテーマ:映画





プロデューサー役の2人のうち1人が、
マシュー・ブロデリックですね。
昔、『フェリスはある朝突然に』とか、『ファミリービジネス』を
よく見ましたが、
それ以来の彼です。
昔とあまり変わってないんですね。
そのまんまでした。

そしてヒロイン役が、
『キル・ビル』のユマ・サーマン。
キル・ビルのときとはもちろん全然違う感じで出てきました。

ストーリーなんですが、
プロデューサー2人が組んで、ぼろ儲けの悪企みをする。
それはなんでもショーが大コケすると儲かる仕組みらしいのですが、
キャスティング、脚本、演出・・・
その段階で、どう考えても儲かりそうな内容なんですがね。

でもやっぱり儲かって・・・
とドタバタな感じなんですが、
ヒトラーを風刺した感じのものって、
やっぱりうけるんでしょうね。

ゲイのヒトラーを見て、
なんとなくチャップリンのヒトラーを思い出したました。

舞台が予想に反して大ヒットしたんですが、
演出家などは当然ヒットしてうれしいわけで、
お祝いをしよう〜♪
とかいって演出家が、プロデューサーのもとに、
赤ワインをもってやってきます。

でも乾杯している場合ではないので、
そのシーンはなく、
おいしそうにお酒を飲む場面もなく。
終わってしまうのですが。。。。




『ラ・マンチャの男』とワイン

セルバンテスの原作『ドン・キホーテ』を題材にしたものですね。
というより、そのもの・・・といった感じですが、
普通におもしろいです。

原作を読んでからのほうがずっと楽しめると思いますし、
逆に読んでないとあまり楽しめないのかもしれません。

風車と戦うシーンなんかは特に有名ですね。

古典作品にはよく見られる、
ピーター・オトゥールがドン・キホーテで、
彼が恋する宿屋の娘なのに貴婦人とされるのが、
ソフィア・ローレンです。

そのソフィア・ローレン扮する、ドルネシアが、
宿屋(ドン・キホーテにとっては城)で振舞うのがワイン

盛大に豪勢にやっております・・・・。



『ギャング・オブ・ニューヨーク』と炎の酒

JUGEMテーマ:映画





ひとつの歴史が幕を開ける瞬間を描いた映画なんですね。
無秩序の社会に秩序を投げ入れるとき、
そこには多くの血が流れるのでしょう。

このマーティン・スコセッシ監督。
初めて彼の作品を見たのは『タクシー・ドライバー』で・・・
ニューヨークを舞台にしたいんでしょうね。
何かと見応えのある作品を作る監督ですよね。
『グッド・フェローズ』は物足りませんがね。

で、この作品、レオナルド・ディカプリオはたいした演技はしてませんでしたけどね。
他はよかったですね。

お酒も常に出てきます。
炎のお酒と呼ばれるバーボンでしょうか・・・
アイルランド移民とバーボン、
その辺の歴史をもう少し調べてみたいところですが、
それはまた後にゆずりましょう。

ギャングのボスをダニエル・デイ=ルイスが演じるのですが、
彼を暗殺したがっているのが、ディカプリオ。
ダニエルが炎を上げたお酒を飲もうとするとき・・・・

あれはどうやって、あれほどまでに炎が盛んになるのでしょう・・・・
あれを飲み干すってのも、また凄まじい・・・
凄まじい、凄まじい、凄まじい・・・映画ですね。






『アポカリプト』とお酒?


JUGEMテーマ:映画


マヤ文明の末期を描いた感じの映画ですね。
メル・ギブソンが監督です。
俳優としては嫌いな人なんですが、
パッションに続いてこの作品、
監督ならけっこう観れますね。

パッションっていう映画は、
とにかく痛々しいという印象が一番残っているのですが、
これもかなり痛々しいです。
視覚に訴える痛々しさが、
この監督好きなんでしょうか。

史実に基づいているかどうかなんてどうでもいいんですが、
帝国繁栄のために強制労働に従事させる、
そのために農村部を襲い奴隷として連行する。。。。

ローマ然り中国然り日本然り・・・ですね。

とはいっても、
マヤ帝国がどんな文明を築いていたかなんていうのが、
この映画のテーマではなく、
ジャングルの中でのアクション?
そんなシーンが一番の見せ場でしたね。

文明の崩壊はいつも内部からである、
みたいな言葉が冒頭に流れていましたが、
この映画でそれを訴える!
と思っていたら大間違い。

これを見て文明の崩壊を学んだ〜!
なんて思ったら歴史を曲解するもいいところ・・・。

これはただの娯楽映画として見たほうがいいですね。

そうすれば楽しめるかと思います♪

ジャングルの中でも何かしらの発酵させたお酒を飲んでるんじゃないかと思うのですが、
お酒らしきものは出てきませんでしたね。

なので中南米といえばラム酒ということで、








『ミュンヘン』と赤ワイン

JUGEMテーマ:映画




イスラエルとパレスチナの問題、
ユダヤ人国家の問題・・・
なんか最近、その辺のことがあまりニュースになりませんね。

それはいい徴候なのでしょうか、
それとも忘れ去られているという面で、
悪い徴候なのでしょうか。。。。

とにかくそれがテーマなのですが、
視点はイスラエル側からです。

ミュンヘンオリンピック前夜、
イスラエルの選手がパレスチナのテロ集団に襲撃された。
それを復讐するために選ばれたイスラエルの人々が、
殺しを繰り返す・・・そんな構図になっており、
その復讐劇の背景にある、
苦悩や葛藤といった人間ドラマを描く。。。。。

というわけなんですが、
テーマの偉大性はわかっていても、
感想として随分かったるい映画。

歴史的に目をそむけてはいけないテーマであって、
それを取り上げるのはいいのだけれど、
やっぱり映画なので、
人に魅せるべきものがないと。

長いんですよね〜。

というわけで、お酒。。。。

よく赤ワインが出てきます。
食事のシーンが多く出てくることもあり、
そのつど、赤ワインなんですね。

そういう民族なんでしょう。

そういえば、テロを敢行するにあたり、
やけに出費に関して取り沙汰されています。
そこも民族性なのでしょう〜。





『インディペンデス・デイ』と酒飲み親父


JUGEMテーマ:映画


これはまたまた有名なアクション映画ですから、
特にコメントすることもないかと・・・。

いい悪いを論ずることもなけらば、
好みか否かも言うことはないかと・・・。

アメリカ映画の王道と言うものでしょうねえ。

王道としてよく出てくるのが、
犠牲となるシーン。

非常〜によくあるパターンなのですが、
でもやっぱりそこは泣けますね。
単に泣きのツボにはまるだけかと思われますが。。。。

そういうわけでこの映画で犠牲となるのは、
酒飲み親父
ただの飲んだくれかと思いきや、
実は実は〜、
っていうパターンも王道ですが、
今回もそれです。

そしてその親父が。。。。

泣けますね〜。

『悪魔の棲む家』とビール


JUGEMテーマ:映画


いろんな怖い映画を見てきましたが、
昔見たこの映画が、
一番怖いものとして印象に残ってますね。

そこで最近また借りてきて見たんですが、
やっぱり怖かったですね。

この家にかかわる者皆、
気が狂ってくるのですが、
それと同じで、
これを見てるとだんだん正気が失われてくるような・・・
そんな気がしてくる映画です!

一回は見たほうがいいですね〜♪

というわけでお酒・・・
ビールが出てきます。

お父さんが仕事仲間と待ち合わせに使った、
馴染みのバーなのですが、
当然瓶ビールです。

しかし、よくあるように、
らっぱ飲みではありませんでした。

いかにもアメリカ人、いかにもらっぱ飲みの似合うお父さんなのですが、
コップに分けてから飲んでいました。

それもしみじみと・・・

そりゃああんな奇怪な現象を目の当たりにしていたら、
しみじみと飲まざるを得ないのかな・・・
らっぱ飲みなんかしてる場合じゃないよ・・・
そんな感じなんでしょうけどね〜。


『ブレイブワン』ととりあえずマティーニ

JUGEMテーマ:映画




恋人が襲われて、殺されて、
犯人を憎み、悪を憎み、
そういう奴らを殺していく。

自分の愛する人を殺されたとき、
その犯人は本当に憎いでしょうし、
もし許されるなら、
この手で仕返しをしてやりたい・・・・
復讐を遂げたいと思うのは当然でしょうね。
(光市の事件のときも、そう言っていましたね)

それをジョディ・フォスターが演じるのですが、
そのテーマはいいとして、
描き方がおもしろくなかったですね。

女主人公エリカを、黒人刑事がだんだん疑い始め、
エリカをそれとなく事情聴取するのですが、
だんだんとエリカが罪の意識に怯え、
罪悪感に駆られつつ、
自白しようとするんですね。

その内部の葛藤を、
これでもか!
といったふうに見せつける。

それが余計でしたし、
それがこの作品をつまらなくさせる一番の要因ですね。

描きすぎ・・・
こういうのってハリウッド映画にはほんと多いですよね。

そんなエリカの心の葛藤は、
観る者に想像させればいいんだし、
そういうのを想像させるのが、
作り手の腕なのではないでしょうか?

なんでも描いてしまえばテーマが伝わりやすくなる、
っていうものではありません。

描きすぎてしまえば、
物語を陳腐にさせるだけですからね。

ラストが驚愕だみたいらしいですが、
テーマから外れた、娯楽作品らしい、
結末でしたね。

まあそれはどちらでもいいです。。。。

というわけで、
刑事がマティーニをオーダーするシーンがあるのですが、
元妻である弁護士と仕事の話をするために、
バーで話をするシーンですね。

マティーニもオーダーするだけで、
実際飲んではないですし、
特に重要なシーンでもないですしね。

でもそんなシーンでも出てくるマティーニって、
やっぱりカクテルの王様なんですね。



『眉山』と飲み屋さん

JUGEMテーマ:映画


くだらない映画でしたね〜。
ほんとつまらなかったです。

すべてが予定調和。
予定調和の連続。
こうさせたいから、こうさせてみた、
そんな感じばかりで、
つまらない小説の典型でしたね。

原作があるみたいですが・・・
もちろん読んでませんけどね。

脚本もよくなかったし、
カットもまずかったですね。

こういうのを観ると邦画って・・・・
って思ってしまいます。。。

お龍さんが飲み屋で啖呵を切るシーンなんかも、
一方的に演歌歌手が悪いみたいな描き方がされていましたが、
あんなふうにカウンター席で客に泣かれたら、
ほんとに辛気くさくて酒はまずくなります。
そこで女将が客をあんなふうに慰めるようなお店には、
私は絶対に行きたくありませんね。

啖呵切られて何も言い返せない演歌歌手、
その数年後には女将に感謝する演歌歌手、
はぁ〜って感じですが、
それもすべて予定調和の世界ですから、
つまらないものになるんですね。

阿波踊りのシーンが見たくて、
レンタルしてきたんですが、
とりあえずそのシーンだけを見て、
返却してしまいました・・・。



阿波の国のお酒です。

阿波踊りの日の、
徳島の夜の熱気はほんとすごいんですけどね〜。









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM