<< 『宇宙戦争』とシュナップス | main | 『007 私を愛したスパイ』とワインボトル >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『ザ・インターネット』とギブソン




このタイトルを選んだとき、
ちょうど主人がそこにいたのですが、
いきなり喰らいついてきました。。。。

ギブソンってのはなあ〜といきなり語り始め、
(おっキミは隠れギブソンファンか?
 私と一緒に飲んだことはないのに。。。)

と思いきや、
なんても主人の言っているギブソンというのは、
ギターメーカーのことらしく、
エアロスミスのギターリスト、ジョーペリーが
こよなく愛しているギターらしい。

そのジョーペリーモデルがどうのこうの、
高校時代にどうのこうのといった
主人の細かい話は割愛して・・・♪

いきなりギブソンから入ったこの記事、
サンドラ・ブロック主演の1995年の作品ですね。

しかし1995年というとすでに10年以上前。
当時我が家にパソコンはまだなかったし、
ネットカフェもそれほど普及してないし、
漫画喫茶でネットなんてこともなかったし、
というわけで、1995年はネットとは関係ない生活を
送っていたんですね。

その頃といえばネット環境はビジネス主流でしたよね。
そのためセキュリティに対しても
それほど厳しくはなかった。
甘かったのでは?

2000年問題、なんて言葉も思い出してしまいましたが。。。
そんな時代のお話で、
しかも日本より格段ネット環境が進んでいるアメリカ。

1995年だからこそ生まれたお話かもしれませんね。
サスペンスやアクションの要素としては、
どうでしょう。

誰が悪いやつで誰がいいやつかなど、
簡単にわかってしまう単純さはありますが、
その単純さがかえって
はらはらどきどきさせられるんじゃないでしょうか・・・?

そんなわけで話は
再びギブソン

ギブソンというカクテルは、
ほぼマティーニです。
中に入れるオリーブの代わりにオニオンを入れただけなんですね。

オニオンといってもパールオニオンです。
小玉葱で真珠のようなので
そういう名前になったのでしょうが、
私にはにんにくのようにしか見えませんでしたけど。。。

ところでギブソンという名は、
マティーニに対抗したギブソンという名前のイギリス人が
考案したそうです。

すらりと柄の長いカクテルグラスに
そそぐのも特徴のひとつだそうで、
マティーニに対する対抗心が多いに出てますね・・・。

そんなギブソンがちょこっとだけ
出てくる映画です♪







スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • 23:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM