<< 『ホーンティング』と寝酒 | main | 『麻雀放浪記』とどぶろく >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『ジャケット』と客人にもてなすカクテル




特に予備知識もなく借りてきて見た映画です。
でもでも見ていくうちに・・・
おっ、バック・トゥ・ザ・フューチャーじゃん〜

現実と妄想の境界がよくわからなくなりつつある主人公ジャック。

拘束衣を着せられて引き出しの中に閉じ込められる、
それが罰のひとつであって、
治療・実験もひとつ。

でもそれが未来に行ける唯一の方法だと知る彼。

彼が行く未来とは、2007年。
1992年に偶然出会った女性(キーラ・ナイトレイ)
2007年に彼女と再会を果たすのだが、
主人公ジャックは既に1993年に死んでいた。

それに気がついたジャックは、
拘束衣を着せられるという罰を繰り返しながら、
未来と現在とを行き来する。

斬新な映画を作ろうと思って出来上がったものなんでしょうね。
斬新といえば斬新。

でもやっぱり印象に残ったのは、
女性がジャックを家に招き、
そこでもてなしたカクテル

残念ながらそのカクテルが何かはわかりませんでしたが、
客人にもてなすカクテルなだけに、
自分の好きなものなはず。

私だったら何を作るでしょうか・・・

相手の人の好みによって変えるかとは思いますが、
まずはさっぱりとした口当たりのものがいいですよね。。。。














スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • 19:43
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM