<< 『ロッキー ザ・ファイナル』と小瓶ビール | main | 『氷の微笑』とジャック・ダニエル >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『氷の微笑2』とバーボンか

JUGEMテーマ:映画





前作から24年?ほど経て続編とは。。。
ロッキー4から、ザ・ファイナルを作ってしまったのと同じで、
これだけの続編を作れてしまうって、
やっぱすごいな〜
っていろんな意味で感心しちゃいます。

主人公は、ロッキーではスタローンだし、
氷の微笑ではシャロン・ストーン。

どちらも役どころからいって体の衰えが、
ありありとわかってします。

でも演じてします。
そしてサマになっている!!

すごいな〜ってやっぱりそればかり。

で、肝心のストーリー。

なんだか無理やり続編にしたという感じなので、
少々ムリな設定はあるものの、
ああ〜、おもしろかったです♪

公開当時、やたらと批判され、
批判しか聞こえてこない作品でしたが、
まあ、楽しめる〜
ってとこでしたね。

期待していないほうが、
観た後の感想としては高いものになるのかもしれませんが。。。

でも真相は藪の中へ。。。
と結末まですべて丸め込まれたという印象は、
実にいいものでした。

分析医vs汚職刑事vs小説家
といった対立構造がしっかりとしていたので、
そこで織り成す推理がわかりやすくて、
そこが解決せずに終わってしまうと。。。

シャロン・ストーンが全面に出てきますが、
好感のもてる内容でしたね。

シャロン・ストーンの出世作といえば、
この前作なんですが、
私の頭の中では、
『硝子の塔』とごっちゃになって、
前作の内容がまったくのうる覚え。

どうせシャロン・ストーンの美貌に惑わされる男が出てきたのだろう〜
ぐらいしかわからないのですが、
今作では、
その男とは分析医。

彼が仕事から帰宅すると、
そこへ待ち構えるのは汚職刑事。

分析医は家に上がらせ、飲むか?とたずねるが、
刑事は断る。
分析医は、バーボンかスコッチか・・・
グラスになみなみと注いでストレートで飲む。

仕事の後はウィスキーなんですね。

ハリウッド映画では帰ってきて早々、
ウィスキーを飲むシーンが多いですが、
そんなんで喉の渇きを潤すことができるのか・・・
って思うと不思議で仕方ありません。

知的なお仕事をしている方にしてみれば、
そのぐらいのほうがいいんでしょうかね〜。

私みたいにずっと家のなかにいたとしても、
やっぱりビールが飲みたいな〜
って思ってしまうと思うんですけどね♪


主人のブログもどうぞ♪









スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • 12:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM