<< 『ブロウ』と父親と乾杯 | main | 『リーピング』とバーボンに似た手作り酒 >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『マルコムX』と白人のお酒

JUGEMテーマ:映画





白人と黒人、キリスト教とイスラム教。
人種対立に宗教対立。
どちらも日本に住んでいる限り、
さほど感じられない問題。

でも両者が対立するのは明らかに間違っている。
それを煽る言動も慎まないといけない。

このマルコムXはキング牧師と同様に黒人のアメリカでの地位を高めたと言われているけれど、
そこは認めても、
彼のやり方は黒人至上主義を扇動したに過ぎないのでは?

ていうことで、
最後はやっかみもからんで撃たれるのですが、
やはり致し方ないですね。

主義、思想の違いを暴力で訴えるのは間違っていますが、
では、反対派に何をもって理解を得ようと努力すべきか、
もっと思慮深く行動すべきなのでは?

死ぬ間際、彼が反省してくれることを願ったのですが、
叶わなかったようですね。

この映画、そんな大作です。
3時間を超す物語ですしね、
でも切羽詰まった勢いは、時間の長さを感じさせません。

最初は陽気は黒人の物語といった感じで始まるのですが、
顔役の黒人にウィスキーをダブルでおごってもらったり、
コニャックかな?)
コカインを吸わせてもらったり、
白人女性を従わせたりなどなど・・・

転機は盗みで捕まり、収監された刑務所での出会いからです。
そこで出会った囚人に感化されるのです。

白人の毒に触れてはならないと戒め、
白人の麻薬、白人の酒、白人の豚肉、白人の女、
それらには一切手を出してはならぬと!

ほんと怖いです。

怖いことですよ、その口調、その態度。

憎しみしかないですね。
憎しみでは人を感化することはできません。

そんなふうにしてマルコムも
白人の麻薬、白人の酒、白人の豚肉、白人の女には、
一切手を出さなくなるんですよね。
そしてアメリカに住む黒人を扇動する。

ほんとに怖いことで、
ほんとに怖い映画です。



主人のブログもどうぞ♪







スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • 15:54
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM