<< 『マルコムX』と白人のお酒 | main | 『地獄の7人』とワイルド・ターキー >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『リーピング』とバーボンに似た手作り酒

JUGEMテーマ:映画





公開当時、CMでは盛んに
『イナゴ少女現る!』みたいなフレーズで売り出していたので、
イナゴを操る少女ってなんだ〜!
イナゴを従わせ人類滅亡を計るなんて、壮大な計画を〜!
と思って非常に興味が湧いていたのですが・・・・

実際に観たのはつい先日、
DVDをレンタルしてでした。

レンタルでよかった〜♪
こんなの観に行ってたら、
時間とお金を浪費したことに腹を立てていたことでしょうね〜。

つまらなかったですね。
しかもイナゴ少女って・・・
女の子がイナゴを操ったのは1回だけだったし。
それも特にイナゴは重要ではなかったような〜。

信心深い町に聖書を信じない女大学教授が乗り込んで、
不可解な現象を科学的に調査して解決をするといった
パターンなんですね。
その女教授にはヒラリー・スワンク。
彼女の存在感はさすがでした。
それだけかな。
この映画のいいとこはね。

ショッキングな映像を出して、それが過去の悲劇と重なり合う。
主人公のトラウマになっているけれど、
それが実は夢だった〜、みたいな安易な手法ばかりが、
目につく作品でした。
すべて安易でした〜ってことで。

でもあのまずそう〜な自作のお酒にはちょっと興味がありましたね♪
それを作った当人(真犯人)もまずいって言ってましたし、
ヒラリー・スワンクも飲めたもんじゃないと感想を述べてます。

言わく、味はバーボンに似てるとかで・・・。
日本でもよくありますもんね。
バーボンに似たお酒を。。。どんなふうに作ったんでしょう。

なんだか続編を製作するからな〜みたいな終わり方だったので、
その酒の作り方が、2で明らかになる!
かもしれませんね。。。。



主人のブログもどうぞ♪



スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • 14:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM