<< 『ミュンヘン』と赤ワイン | main | 『ギャング・オブ・ニューヨーク』と炎の酒 >>

スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

『アポカリプト』とお酒?


JUGEMテーマ:映画


マヤ文明の末期を描いた感じの映画ですね。
メル・ギブソンが監督です。
俳優としては嫌いな人なんですが、
パッションに続いてこの作品、
監督ならけっこう観れますね。

パッションっていう映画は、
とにかく痛々しいという印象が一番残っているのですが、
これもかなり痛々しいです。
視覚に訴える痛々しさが、
この監督好きなんでしょうか。

史実に基づいているかどうかなんてどうでもいいんですが、
帝国繁栄のために強制労働に従事させる、
そのために農村部を襲い奴隷として連行する。。。。

ローマ然り中国然り日本然り・・・ですね。

とはいっても、
マヤ帝国がどんな文明を築いていたかなんていうのが、
この映画のテーマではなく、
ジャングルの中でのアクション?
そんなシーンが一番の見せ場でしたね。

文明の崩壊はいつも内部からである、
みたいな言葉が冒頭に流れていましたが、
この映画でそれを訴える!
と思っていたら大間違い。

これを見て文明の崩壊を学んだ〜!
なんて思ったら歴史を曲解するもいいところ・・・。

これはただの娯楽映画として見たほうがいいですね。

そうすれば楽しめるかと思います♪

ジャングルの中でも何かしらの発酵させたお酒を飲んでるんじゃないかと思うのですが、
お酒らしきものは出てきませんでしたね。

なので中南米といえばラム酒ということで、








スポンサーサイト

  • 2009.02.05 Thursday
  • -
  • 15:19
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
<hot info☆>



hot news
hot news 2


「介護・福祉・医療の  資格取得のための講座情報。 便利な無料一括請求も。」
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM